スターリングのアンティーク・マーケット-ロイヤル・ドルトンのBunnykins(バニキンズ)購入-

c0119780_9422720.jpg今日初めて月1で開催されているスターリングのアンティーク・マーケットに行ってきました。正式名称は「Antique&Collectors Fair」

6月ぐらいからこのアンティークフェアの存在を知って行って
みたいなとは思ったけど会場が室内なのでちょc0119780_9431292.jpgっと気後れしてしまいまして、、、でも先月「ちょっと様子見てくるか」と出かけていったらなんと日にちを間違えていて一週間に開催されたとのこと。それゆえ今日を楽しみ~に待ってました。

会場のAlbert Halls


c0119780_9434651.jpgまず入り口で入場料£1払います。会場はこじんまりしているけど品揃えは充実してました。
銀製品、古切手、宝石、陶器、洋服、、、コンディションのいいものが多いです。
なんと“こけし”を専門に売っている人もいました。

来場者の平均年齢高いよ~。


中でも陶器のうさぎのフィギュア(?)がかわいくてたくさんある中からどれを買うか迷ってしまいました。結局買ったのはこいつらです。↓
c0119780_1025696.jpg

ロイヤル・ドルトンのBunnykins(バニキンズ)というシリーズもの。
右のGOLFERは£40(≒9,300円)で左のSEAMANは£25(≒5,800円)。
大差ないように見えるのになんで値段がこんなに違うんだろ??
お店の人に聞いたらGOLFERは生産中止だからだそうです。
最後に値段交渉して2つ合わせて£50で購入。(3500円ぐらい負けてもらった♪)

なぜGOLFERに決めたかというと、スコットランドはゴルフ発祥の地、そしてピーター・ラビット
ときたらこれはもう買うしかないでしょう!
ちなみに「全英オープン」が開催されるゴルフの聖地、スコットランドのセント・アンドリュースはスターリングから日帰り圏内です。

実は自分はピーター・ラビットを買ったと思ってたけどバニキンズとピーター・ラビットはまったく別物だということを後で知りました。しかもロイヤル・ドルトンってイギリスのお皿のメーカーよねーぐらいの知識しかなかったのです。(汗)
しっかし見れば見るほどかわいい。てかりがまたいい。
またまた中途半端なコレクター魂に火をつけてくれたようです。

一緒に行っただんな一番のお気に入りの別シリーズの“ねずみ”は£85もしてました。
実は目利きさん?(買わなかったけど)価値の差がわからない~。

同じ店でこんなのも買ってしまいました。縦型の小物入れが珍しくて。(メーカー不明)
c0119780_100131.jpg
 
[PR]
# by shikao-m | 2007-09-02 10:12 | いいもの見つけた

ハイランドキャトルに接近―グラスゴー観光1―

c0119780_9312868.jpg今日はグラスゴー観光に行ってきました。
5月に引き続いて2回目です。
スコットランド最大の人口を抱える商業都市でおしゃれな人も多い街です。

←クイーン・ストリート駅構内


クイーン・ストリート駅から歩いてすぐのところにある市議会議事堂。
c0119780_9352645.jpg



c0119780_9391139.jpgちょっと意外だけどにぎやかなグラスゴーから列車に揺られて2つ目の駅で降りるとスコットランド名物のハイランドキャトルに会えます。
駅から林の中を通っててくてく歩いて15分。
「おー、いたいた!」


c0119780_9513224.jpg

c0119780_9571231.jpg

毛むくじゃらで大きな角が特徴。(本当にこんな牛がいたんだー)
長い毛がバサーッと顔にかかって目が隠れてしまってる。
「目が悪くなる・・・」思わず毛を掻き揚げたい衝動に駆られる。。。
c0119780_1055550.jpg

子牛がまたかわいい。母牛が常に子供のそばにいて守ってるという感じでした。
ハイランドキャトルが飼われているのはポロック・カントリーパークというところで入場無料。
ガイドブックには開園時間“日の出~日没”と書いてありました。(!)


c0119780_10114651.jpg同じ敷地内にあるバレルコレクションは必見。(同じく無料)
バレルというコレクターが集めた美術品などを収蔵する博物館だけど、よくぞここまで集めた!と感嘆の声が上がるすごいコレクション。
古代エジプト、古代ギリシャ・ローマ、中国美術、ステンドグラス、タペストリー・・・。
美術館はがっかりすることも少なからずあったので個人だしあまり期待してなかったけどこれはよかったです♪
特に中世の騎士の鎧兜は、きれいな模様が入っているのがあったり国によって微妙に雰囲気が違っているのが面白い。
c0119780_10133942.jpg

               バレルコレクションの庭(?) 芝生が美しい!
[PR]
# by shikao-m | 2007-09-01 10:22 | おもしろいもの見つけた

俊輔チャンス活かせず!-欧州チャンピオンズリーグ予選-

c0119780_7165732.jpg昨日の夜はライブ中継で中村俊輔の出場した試合を観てました。欧州チャンピオンズリーグ(CL)の予選です。
(でも後半はながら視聴)
c0119780_7285722.jpgホームのグラスゴーまで列車で30分程だからスターリングにいる間に試合を観たいもんだと思いつつ実行できず。
相変わらずのにわかファンです。


アナウンサーの実況はのっけから中村の話題で始まりその後も「Nakamura…Nakamura」と他選手を圧倒して中村の名前を連呼。(聞いてるこっちも気分がいい!)
でも動きはさすがに群を抜いていいけどゴールは奪えず、結局CelticはPK戦を制して勝利。
最後にアナウンサーが「3度の好機(FK)を活かせなかった」と言ってたのもそうだけど、喜び
に沸くセルティック選手の輪の中に俊輔が入ってなかったのがちょっと寂しい。
PKを自分だけ外したのがかなりショックだったんでしょうか。

c0119780_7442729.jpg

       試合開始直前                 試合中


中村俊輔のおかげでスコットランドでの日本人好感度が相当上がったんじゃないのかな?
ご存知の通り今年スコットランド・プロサッカー選手協会が選ぶ年間最優秀選手(MVP)に
選出されたりして大活躍。日刊のフリーペーパーでもすごい取り上げ方でしたよ~。
(はるか昔の記事だけど。。。)
こっちに住み始めて間もなくだったから余計嬉しかった。

c0119780_7491978.jpg

  「Nakamu now a legend in own right」         「Rising son」


スコットランド人の学生に「NakamuraとNakataはどっちがNo.1プレイヤーか?(!)」と質問されたり、韓国人留学生が他国の留学生に新聞の写真を指差しながら「これは日本人選手だ」と説明しているのを見かけたり。
どこに行ってもフットボール(=サッカー)は話題づくりに欠かせないみたいです。
あたしはルールもよく知らない人だけど・・・。
[PR]
# by shikao-m | 2007-08-31 08:01 | スコットランドの生活

スコットランドごみ事情

知らない土地に住み始めてまず気になることの一つが“ごみ”。
いつ捨てるのか、分別の仕方は?
でもここスコットランドははっきり言ってどうでもいいみたいだ。(笑)
自分の住んでいる所は毎週水曜日の朝回収車がやって来る。

ごみ収集日の朝の様子。 ボックスがだーと並んでいて壮観です。
c0119780_8551252.jpg


このデカいボックスに瓶も缶も生ごみも資源ごみも一緒くたにして入れておけば回収車が
無事回収してくれるのだ。(!)日本人としてはどうも落ち着かない。
こんなテキトーでホントにいいのかい?
ビンは別だと最初に聞いたけどどこにも回収ボックスが見当たらないので諦めていたら今日
ネットでスーパーの駐車場にあるという記事を見つけた。
古いけど参考までに↓(スコットランドと言えばこの方のHPに!)
http://www.koiwascotland.plus.com/scot/japanese/a0213.html


でもこんなんじゃまずいとようやく気付いたのか最近、近くにこんなものが設置された。
真新しいピッカピッカのリサイクル用ゴミ箱 (Recycling bin)
c0119780_8523443.jpg


スーパーのレジ袋も日本以上にもらい放題。
エコバッグは売ってはいるものの使ってる人はあまり見かけないし。
トイレのペーパータオルもかなりの確率で置いてあるし。(ハンドドライヤーと併設)
エコて何?って感じです。
ドイツも思ったほど厳しくなかったしそれに比べると日本のごみの分別はホントめちゃくちゃ
厳しい。違うものを出したらそもそも回収してくれないし。。。
[PR]
# by shikao-m | 2007-08-26 09:05 | スコットランドの生活

フィッシュ&チップスの人気レストラン

スターリング大学から20分ほど歩いたところにBridge of Allanという街があります。
(この間ハイランドゲームスを見に行ったところ)
ちょっとした高級住宅街らしいんですがここにある『Water Cafe』というレストラン、スターリング界隈では一番フィッシュ&チップスがおいしいお店と聞いて今日ランチを食べに行ってきました。

お天気は最高!25℃ぐらいはあったのかな?陽射しがまぶしい。
やっぱ夏はこうでなくっちゃです。
フラットを出てすぐ中学生ぐらいの男女3人組のパイプバンドが演奏をしてました。
3人とも正装で音もかなりしっかりしていてずっと聞いていたかったけど時間がなかったので
写真だけパチリ撮らせていただきました。

c0119780_9252781.jpg


ご存知フィッシュ&チップスはイギリスの代表的な料理だけどことごとく評判が悪いですね、
イギリス料理って。でもスコットランド料理はそんなに悪くないのですよ。
今まで食べたフィッシュ&チップスもそこそこおいしかったし。
あくまで日本で食べる料理と比べないことが条件だけど・・・。
(以前イギリスで食べたフィッシュ&チップスも実は嫌いじゃなかったけど。変わってる?)

c0119780_9285439.jpg

『Water Cafe』は老舗中の老舗。
“established 1902”とお店のウィンドーに書いてありました。→



このお店3サイズのフィッシュが選べます。
で、でもスモールを頼んだのに「えー、これでスモール!?」
20cmは軽く超える長さのフィッシュが堂々とお皿に乗っかってきました。
それ以上に驚くのが“いも”の量。
c0119780_9321688.jpg


衣がカリカリしててなかなかおいしい。
それ以上にフライドポテトが今まで食べたどの店よりおいしくて満足。
(じゃがいもはドイツよりおいしい!)
パンとドリンク付で¥1,400ぐらい。ソフトクリームもおいしかった~。
(5種類もあるのになぜか普通のチョコフレーバーが無い)

Wikipediaに“フィッシュ&チップスはタラやカレイ、オヒョウなどの白身魚の切り身に小麦粉を卵や水またはビールで溶いた衣をつけて油で揚げたものと・・・”と書いてあったけど『ビール』とはねー、驚いた。
[PR]
# by shikao-m | 2007-08-24 09:47 | スコットランド料理